山歩き  十方山 十方山3D  西中国山地 

2001/7/28
瀬戸滝登山口
2001/8/25
内黒峠
2001/9/24
細見谷
2002/1/1
瀬戸滝登山口
2003/10/19
ヒキジノオカ
2003/11/23
黒ダキ山
2004/5/8
焼杉山
2004/7/17
クロミ谷
2004/9/11
内黒峠

2004/10/11
アライ川・三ツ倉

2005/1/22
瀬戸滝登山口

2005/2/5
ナガオノオカ
2005/2/20
那須集落
2005/2/27
ヒキジノオカ
2005/3/6
黒ダキ山
2005/4/23
焼杉山
2005/5/21
ツリンボウノ谷
2005/7/16
ウラオレ谷

2005/7/23
大谷川

2005/8/07
坂根谷・那須

2006/7/29
内黒峠
2006/11/12
上本郷・那須
2006/12/3
黒ダキ山・細見谷
2006/12/24
キリイシのタキ
2007/1/4
柴木
2007/3/4
細見谷
2007/4/15
キリイシのタキ
2007/10/14
コスギナエノ谷
2008/11/1
ヒコハチ谷
2009/4/11
セト谷・三ツ倉
2010/1/10
坂根
2011/2/19
黒ダキ山
2011/10/9
ヒキジノオカ
2012/3/3
黒ダキ山
2012/3/11
那須・キリイシ
2012/3/20
柴木・内黒峠
2012/5/13
セト谷・大谷川
2014/4/26
柴木・那須
2015/6/6
三段峡・那須
2015/12/13
新道・焼杉山
2016/1/11
瀬戸滝・坂根
2017/2/25
黒ダキ山
2017/3/4
柴木


    

瀬戸滝登山口…十方山 2001/1/1 瀬戸滝登山口
  • 十方山(じっぽうざん)1319m:広島県佐伯郡吉和村



昨年の正月は雪が多く、立野のキャンプ場入り口に車を止めて登山口まで歩いたが、今年は道路に雪はなく駐車場まで入ることができた。

私は十方に数え切れないほど登っている。
私の体のリズムにちょうど合っているからかもしれない。

夏の内黒からの縦走。
冬の那須部落から大雪をラッセルしながらの登山。
そして、春の山、秋の山。
いつも、どこからめざしても、十方はあたたかく迎えてくれる。

私が特に気に入っているのが、細見谷からのコースだ。
立野、細見谷、十方林道を経て、くたくたになりながら十方に立つと、ここまでの長い道のりをすべて忘れて、歩き通した充実感がなんともいえない。

内黒から十方、羅漢、恐羅漢を経て内黒へ帰る道も、ゆっくり景色を楽しみながら日帰りできるすばらしいコースだ。

2001/1/1



暗闇の中、ヘッドランプを頼りに、瀬戸滝登山口駐車場を4時20分出発、数分で瀬戸滝との分岐。20分程で瀬戸滝からのルートと合流。30分ほどで登山ルートただ一つの水場に到着して小休止。
しばらくして雪道に変わる。

遭難碑のある五合目に到着、ピークを右に巻いて降りる。雪道が凍って滑る。若干のアップダウンの後、鞍部を越えてピークを過ぎると前方が開けるが、うす暗闇のため、山頂は見えない。

前面に笹原が広がり、昭和59年の遭難碑に到着。
新聞記事で読んだが、遭難した方は広島市の舟入の人だった。
こんなところでどうして遭難されたのだろうと当時思った。
それまで山頂には雪が全く無かったが、1日で大雪になった。
グループ登山の下見に来て遭難したのだった。
翌年の春まで発見されなかった。
山頂はそこから更に10分程登る。
昨年と比べて雪が少ない。昨年は全面雪だった。

6時50分、山頂に到着。

山頂の標識にタッチして、21世紀最初の登山者として“おめでとう”と祝う。厚い雲のため展望は利かない。強い風のため寒い。風をよけて北側へ少し下る。 

登頂もそこそこに、愛用のデジカメで記念撮影しながら、下山開始。寒さのためか、数枚撮るとバッテリーがあがり、デジカメが使えなくなった。

下山途中、五合目の標識を過ぎてまもなく、昨年の正月お会いした方と1年ぶりの再会。
“おめでとうございます”と挨拶して、少し立ち話。

“昨年、道に迷ったでしょう。私もだまされて大回りしてしまった”
昨年は雪が多く目印を見失い、尻まで埋まりながら100メートルほど間違ったルートをラッセルした。彼も私の間違いにつられたらしい。

“昨年先を越されたので、早めに出てきたが、また、先を越された”とのこと。
申し訳なく思いながら、登山の無事を祈ってわかれる。
来年もまたお会いできるだろうか。

下り始めてまもなく、右ひざと、右足の甲を痛めた。このごろ下りで必ず痛くなる。

駐車場に降りたのが9時30分。21世紀最初の登山は無事終わった。

十方山山頂から 2001/1/1

 

山頂の標識 2001/1/1

 

山頂方向 2001/1/1

 

昭和59年12月遭難された永吉さんの碑 2001/1/1

 

遭難碑の側面 2001/1/1

 

立岩山を望む 2001/1/1


五合目から山頂方向を望む 2001/1/1

 

瀬戸滝⇔十方山分れ 2001/1/1