山歩き

二軒小屋…ナエマン谷…恐羅漢山 2007/4/30
古屋敷…二軒小屋…ナエマン谷…恐羅漢山…旧羅漢山…旧羅漢山登山口…十方林道…二軒小屋…古屋敷

■恐羅漢山(オソラカンザン)1346.4m:山県郡戸河内町横川(点の記) 安芸太田町

恐羅漢山
古屋敷上流 右横川浄水場
シラカバ林の奥にナエマン谷が降りる
ナエマン谷右岸の石垣
林の中の小屋
ナエマン谷
ナエマン谷右岸の林
ナエマン谷

4.3mブナ

岩場から見る十方山
恐羅漢山
広見山
旧羅漢山
オオカメノキ
  シモミズコシのイワナ
民家下流付近
二軒小屋付近
7:20 古屋敷出発 晴れ
 

7:55 ナエマン谷
12:05 恐羅漢山
12:35 旧羅漢山
13:35 旧羅漢山登山口
14:45 二軒小屋
15:05 古屋敷

サンインマイマイ?

 古屋敷橋から横川川を上がった。右岸はスギ林に石垣があり、川沿いに水田があったと思われる。右岸にある横川浄化センター辺りの川底は掘り返され、車両の跡がある。おばさんがゼンマイを乾しておられた。シラカバ林を過ぎてスキー場へ上がる車道付近に、恐羅漢山からナエマン谷が降りている。

 ナエマン谷の堰堤を越えて上がると、右岸に石垣がある。ナエマン谷沿いにも水田があったようだ。石垣に沿って右岸に道がある。雑木林の中に小屋があった。右岸はスギ林の山である。まだ葉の少ない山の斜面に日が入ってくる。谷筋はヤグルマソウが伸びはじめている。エンレイソウも多い。ハウチワカエデの笠があちらこちらに伸びはじめている。

ヤグルマソウ
ハイイヌガヤの雄花

 トチノキの幼木も谷筋にある。谷はサワグルミが多いようだ。ハイイヌガヤの雄株が白い粉を巻き上げる。今の時期、この谷沿いに咲く花のある木はオオカメノキだけである。ヤマシャクヤクのツボミが膨らんでいる。クロモジが多い谷である。クロモジの若葉の葉裏に毛がある。

 「恐羅漢山、旧羅漢山は昭和三十年代の始め頃までは、全山ブナ−クロモジ群集の天然林に覆われた国有林の山であった。先ず東側が切られ、ついで南西の広見谷側が皆伐され、更に最近、中之甲側が択伐された。いま樹林が残されているのは、わずかに西面の亀井谷の水源帯だけという淋しい状態になった」(「西中国山地」桑原良敏)。

クロモジ

谷の境界石

 恐羅漢山東面が皆伐された後も、クロモジは残っていたのであろうか。1000mを越えた谷筋に「山」と書かれた境界石が埋められていた。谷の水が見えなくなると、潅木の谷に変わる。1100mを越えた所に、周囲4.3mのブナの巨木が残っていた。皆伐時に、伐採を免れたのであろうか。ブナが復活しつつある山であるのかもしれない。カタツムリの大きな殻があった。

 谷が潅木に覆われた所で左岸の尾根の、笹と枝の潅木を登った。谷よりは尾根の方が少しは楽なようだ。1200mを越えた所で見通しのある岩場に出た。そこから潅木を進み、ほどなく登山道近くの岩場に上がった。岩場から見ると、平太小屋原の東側の、スギ林を抜けた尾根筋に広いササ原があるのが見える。

タムシバ
ミヤマカタバミ

 恐羅漢山へ寄ってから、平太小屋原へ下った。鞍部にタムシバが咲いていた。鞍部の水溜りはカエルの卵塊でいっぱいになっている。トウモロコシのようなユキザサのツボミが出ていた。旧羅漢山の岩場で休憩した。

 十方林道へ下った。尾根筋の花もタムシバ以外は、オオカメノキだけであった。1時間ほどで十方林道に出た。日陰にはミヤマカタバミが多い。シモミズコシの谷の細い水路に魚影が走った。見ると小さいイワナである。この水路にもゴギが上がっている。まもなくこの水路は道路工事で壊されてしまうだろう。

 最奥の民家を過ぎた辺りで、パワーシャベルが唸りをあげていた。その辺りにあった雑木は跡形もない。二軒小屋では、もう一台のパワーシャベルが斜面を固めていた。林道の両岸は伐採され、上には石垣が見える。このような伐採道が細見谷を貫通するのであろうか。


地名考

上本郷のミツバウツギ

 戸河内上本郷のミツバウツギが咲き始めていた。恐羅漢山周辺の開花は2週間ほど遅いようである。亀井谷入口、亀井谷奥、那須辺りでは例年、5月半ばから20日にかけて咲いていた。今年も5月半ば頃の開花であろうか。


 「西中国山地」に言えることだが、恐羅漢山周辺の谷名と山名は、ほとんど一致する。

●トイシ川 砥石川山
●亀井谷 大亀谷山(恐羅漢山)
●丸子谷 丸子頭
●ヒコハチ谷 彦八の頭
●中ノ川川 中ノ川山
●アマスギ谷 天杉山
●のたの原 野田原の頭
●カジヤ谷(古名:シシリ谷) ヒジリ山(聖山)
●広見川 広見山
●黒山谷 内黒山

 表面的には一致しないが、アイヌ語から見ると、同じ地名と思われるもの。

●一の谷 岩倉山
●四の谷 春日山
●細見谷 十方山
●柴木川 サバノ頭

 恐羅漢山も「オソラカン」と呼ぶ谷名があったと思われる。

 戸河内村には、毛利氏の検地帳や慶長検地は現存しないが、戸河内村の地詰帳は大歳神社「手鑑帳」(正徳5年・1715年)、梶木家文書「万手鑑」(延享2年・1745年)に写されている。

 「手鑑帳」によると、検地は、田代→横川→魚切→横川→古屋敷→しろへ谷こや→古屋敷→横川→魚切→田代の順に行われた。(『戸河内町史』)。

 「しろえ谷こや」が横川川の一番奥で、そこから折り返して対岸を下って検地するコースであった。

 このことから古屋敷の上流に、「しろえ谷小屋」と呼ぶ小字名があったことが分かり、これが二軒小屋の古名のようである。

 「しろえ谷こや」は10畝ほどの広さなので、約30メートル平方余りの小さな耕地であった。


 ミツバウツギのアイヌ語名「エソロカンニ」は、二万五千地形図、五万地形図では、「エショロカン沢川」、『東西蝦夷山川地理取調図』(松浦竹四郎 安政6年・1859年)では、「エソロカニ」、『北海道蝦夷語地名解』(永田方正)では、「エショロカニ」となっている。 

 「エソロカン・ニ」(esorokan-ni)は、「エソロカニ」「エショロカニ」「エショロカン」などとも呼ばれていたと思われる。


 「しろへ谷こや」のアイヌ語名は以下となる。

 「シロエタニゴヤ」
 wensir-ke-tanne-ko-yan-pet
 ウェンシリ・ケ・タンネ・ヌプリ・コ・ヤン・ペッ
 悪い崖・の所・長い・山・に向って・上がる・川


 sir-ke-tanne-ko-yan →
           siro-e-tani-ko-ya の転訛。

 二軒小屋 ニケンゴヤ
 wensir-ke-tanne-ko-yan-pet
 ウェンシリ・ケ・タンネ・ヌプリ・コ・ヤン・ペッ
 悪い崖・の所・長い・山・に向って・上がる・川

 シロエタニゴヤ、二軒小屋はアイヌ語では同じ地名である。



 「ミツバウツギの・沢」が、亀井谷にある。恐羅漢山は亀井谷の山のようである。


○恐羅漢山
 o-esorokanni-sam
 オ・エソロカンニ・サム
 川尻・ミツバウツギの・傍(亀井谷の山)



○亀井谷 カメイダニ(川口から500mほどミツバウツギ群生する川) 
 o-esorokanni-sam-us-nay
 オ・エソロカンニ・サム・ウシ・ナイ
 川尻・ミツバウツギの・傍・にある・川



○亀井谷(別名:大亀谷山) 
 o-kama-un-nay
 オ・カマ・ウン・ナイ
 川尻・平岩・ある・川



○カマのキビレ
 o-kama-un-nay-kipir
 オ・カマ・ウン・ナイ・キピリ
 カメイ谷の・丘



○ソカヒヤマ(恐羅漢山古名・1825年)
 e-soro-kar-ni
 エ・ソロ・カル・ニ
 それで・箸・つくる・木 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

カシミールデータ
総沿面距離9.5km
標高差605m

区間沿面距離
古屋敷
↓ 1.2km
ナエマン谷
↓ 1.9km
恐羅漢山
↓ 3.0km
旧羅漢山登山口
↓ 3.4km
古屋敷
 

4.3mブナ
登路(青線は磁北線 薄茶は900m超 茶は1000m超)