山歩き

シワギ…内黒峠…十方山…三段峡 2007/1/4
柴木…薮ヶ迫山…内黒山…内黒峠…彦八の頭…丸子頭…十方山…シシガ谷…十方林道…二軒小屋…横川出合…三段峡…柴木

■十方山(ジッポウザン)1318.9m:佐伯郡吉和村字吉和西(点の記) 廿日市市

大箒山と大平山
苅尾山と深入山
薮ヶ迫山(宮里山)道標

内黒峠

深入山とサバノ頭
縦走路のミズナラ
キリが立ち込める本郷の方向
立岩山
恐羅漢山スキー場
ウラオレ谷方向 カザゴヤキビレから
カザゴヤキビレのブナ
苅尾山と深入山
十方山
工事中の車止めの十方林道 二軒小屋の駐車場付近
本横川の魚切滝
横川・田代分岐
黒渕
6:15 柴木出発 晴れ 気温-3度
 
 

8:20 薮ヶ迫山(宮里山)
8:45 内黒峠
10:05 彦八の頭
10:30 藤本新道分岐
11:20 丸子頭
12:05 中三ツ倉
12:30 奥三ツ倉
13:05 十方山
14:15 十方山登山口
14:55 二軒小屋
15:45 横川出合
16:15 葭ヶ原
17:00 黒渕
17:45 柴木

 点々と灯が点く柴木集落を出発。柴木林道に入ると暗闇である。7時前、589ピーク辺りまで来ると、樹林の中は明るくなる。登山道の雪は少ない。柴木発電所に下りる尾根の導水管が見え、その先に大きな山容の大平山、その左に大箒山が覗いている。南側に市間山と鍋山が見える。

 薮ヶ迫(宮里)山周辺は伐採されて見通しが良い。この時期、真っ白な深入山は地肌が見える。深入山の左右に苅尾山、掛津山と向山。いつも雪で埋まる薮ヶ迫山の道標は、下の柱が見える。今年は雪が、大分少ない。スギの樹林の内黒山を通り、ブナ林を下って内黒峠へ降りた。柴木から2時間半だった。

内黒峠 加藤武三碑

 内黒峠の車道は雪がない。加藤武三の碑の前でコーヒータイムの一休み。内黒峠から十方山の尾根道に踏み跡が続いている。樹林の間からサバノ頭と深入山が覗く。ミズナラの古木の横を通り過ぎて進むと1166ピーク。本郷の方向の谷筋はキリが覆っている。樹林の間から恐羅漢スキー場が見えてくる。スキー場のミュージックが聞こえない。前方の一番奥に丸子頭が見える。南側に日の平山、立岩山、市間山の尾根が続いている。

 スキー場を目前に見渡せる所に出た。左側の国設は人影がない。右側の民営は一人、二人見える。ヤマドリとウサギの足跡が続く。彦八の頭を過ぎ、カザゴヤキビレへ下る。ウラオレへ降りる斜面はササが出たままである。ブナ林の雪道を通り、藤本新道分岐に到着、少し休んだ。

 丸子頭へ近づくと雪が深くなる。踏み跡がなければカンジキを履くところだが、膝ほどの深さの踏み跡を楽して登っていく。振り返ると、縦走してきた尾根の先に深入山が見える。

ヤマドリとノウサギの足跡

 中三ツ倉の手前から、苅尾山の山容を中心に、恐羅漢山から続く尾根、深入山へ伸びる尾根を望むことができる。中三ツ倉までくると、十方山は近い。内黒峠から続いた踏み跡は奥三ツ倉までだった。奥三ツ倉から引き返されたようだ。奥三ツ倉から見る十方山山頂は、誰もいない。ブナ林を通り、論所の谷を渡る。十方山の登りになると膝ほどの雪で埋まる。

 内黒峠から4時間余りで、ようやく十方山に到着した。山頂の道標周辺は雪がない。今日は見通しが良く、立岩山の先に瀬戸内海の島が見える。カシミールで確認して見ると似島辺りのようである。周辺のササ原は雪がまだらで、まだササが顔を出している。

立岩山の先の瀬戸内海 十方山から

 シシガ谷へ下った。こちらは雪が深く、膝上まで埋まる。1時間ほどで、十方山登山口の十方林道に出た。林道に足跡が続いている。林道最奥の民家の手前に、「工事中」の車止めの柵がある。いよいよ大規模林道の工事が始まるようだ。登山口から40分ほどで二件小屋の駐車場に出た。ここにも工事中の柵があった。サバノ頭を見ながら大規模林道を下った。本横川の魚切滝は水流が少ない。

 横川橋手前から旧道に入る。足跡がある。足跡はモリガ谷の神社に上がっていた。横川川の深い谷道を通り、二軒小屋から1時間ほどで横川出合。小休止して三段峡の遊歩道に入った。

 冬の三段峡は何十年ぶりだろうか。三段滝分岐までくると足跡がある。この時期、三段峡に入る人があるようだ。谷に夕日が入ってきた。葭ヶ原は雪で覆われている。黒渕のつり橋は、橋げたの板が取り除かれたいた。谷底の樹林は暗くなるのが早い。暗闇の中で激流が白く光っていた。横川出合から2時間ほどで三段峡を抜けた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

カシミールデータ
総沿面距離30.1km
標高差990m

区間沿面距離
柴木
↓ 5.0km
内黒峠
↓ 7.5km
十方山
↓ 4.9km
二軒小屋
↓ 4.1km
横川出合
↓ 8.6km
柴木

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



地名考

 恐羅漢山は、osor-kot オソル・コツ 「尻の・窪み」の意のアイヌ語として指摘されているが、青森県の恐山(オソレザン)も、osor-kot と言われている。「西中国山地」にはアイヌ語と思われる地名がいくつかある。「毛無山」もアイヌ語の kenasi ケナシ 「木原」であろう。点のようにアイヌ語で解釈できる地名が残っていることは、かつて、アイヌ語を話す人々が「西中国山地」に住んでいたと思われる。

 「西中国山地」の谷や山の地名は、名付けられた時には、それぞれ意味ある地名であったと思われるが、現在、残っている地名を日本語で理解するのは不可能のようだ。「西中国山地」には、恐羅漢山や毛無山などの地名以外にも、多くのアイヌ語地名が、形を変えて残っているのではないだろうか。

●内黒峠

 「内黒峠の峠名は比較的新しい呼称のようだ。古屋敷の故隠居庄五郎老人より横川側の呼称としてイタホシ谷=Aその前はオオキビレ≠ニ呼んでいたことを聞き出したが、『戸河内森原家手鑑帳』(1715年)にオオクビレ≠ニあることにより

 オオクビレ→オオキビレ→内黒峠(戸河内の呼称)
                 イタホシ峠(横川の呼称)
 
 と変わったものと思われる。イタホシはこの峠の那須側の谷の名称で、クビレ・キビレは鞍部の方言である」(「西中国山地」桑原良敏)。

 内黒峠周辺は大きな平坦地になっている。
 オオクビレ・オオキビレはアイヌ語で、
 
 poro-kipir
 ポロ・キピリ
 大きい・丘

●サバノ頭

 二軒小屋からサバノ頭を見ると、「鯖の頭」に見える。サバノ頭は国土地理院の点名では「鯖ノ頭」となっている。

 「サバは砂礫土を意味する愛知、岐阜の方言で、山ヌケして押し出された崩壊土がヌケ谷をつくり、崩壊を起こす地点がサバノ頭という。横川、柴木の古老と黒淵莊の主人よりこの山名を聞き出した」(「西中国山地」)。

 サバノアタマをアイヌ語に当てはめると、
 sat-poro-nay-putu-sar-us-tay-oma-nay
 サッ・ポロ・ナイ・プト・サル・ウシ・タイ・オマ・ナイ
 乾く・大・川の・その川口に・葭原・ある・林・にある・川

 サバノ頭は二谷、柴木川の山の意。

カシミールで見た地形 サバノ頭東面から


●ナエマン谷

 二軒小屋に、西からナエマン谷が降りている。「ナエ」を含む地名に、十方山南の大谷川に、「コスギナエノ谷」がある。

 北海道石狩川の「奈井江」(ナイエ)は、アイヌ語で、nae ナエ 「西岸高き川」の意がある。

 コスギナエノ谷は、大谷川の中ほどのゴルジュ帯に、十数メートルの西の崖から落ちる谷である。アイヌ語で、

 コスギナエの谷
 kot-utur-kus-nae-nay
 コッ・ウツル・クシ・ナエ・ナイ
 谷・の間を・通る・西岸が高い・川

 ナエマン谷
 nay-etoko-mak-oman-nay
 ナイ・エトコ・マク・オマン・ナイ
 川の・水源の・山手へ・行っている・川

●ナメラ谷

 ナメラ谷は「西中国山地」に多い。滑滝、滑床は、緩い傾斜の岩の上を水が流れることを言うが、アイヌ語では、

 nam-mem-ran-nay
 ナム・メム・ラン・ナイ
 冷たい・湧き水が・下る・沢

●ウラオレ谷

 十方山縦走路の南のウラオレ谷は、昔から気になっていた地名である。「戸河内・書出帳」(1819年)には、「うらおれ」とあり、漢字は当てられていない。昔から「ウラオレ」と呼んでいたと思われる。アイヌ語ではいくつか考えられる。

 ウラオレ谷と藤十郎谷の間を台ヶ原と言い、棚田があったところである。現在、スギとヒノキ林の下に石垣が残っている。丘の谷川か霧の谷川であろうか。

 ウラオレ谷
 urar-poro-nay
 ウララ・ポロ・ナイ 霧・多い・川


●地形方言

 「西中国山地」の巻末に、地形方言の一覧がある。地形方言とアイヌ語の意が近い言葉を並べてみる。

★アシ 悪い

 as アシ 切り立つ
 has ハシ 潅木


★ウツ 狭い谷

 ut ウッ 枝、肋骨
 ut-nay ウッ・ナイ 枝川


★クラ 断崖、岩場、鞍

 kura クラ 岩崖、鞍、仕掛け弓場


★ゴーロ・ゴロウ・ゴウラ 石原
 
 ukaw ウカゥ 石が重なり合う所


★タオ・タワ・トオ・トウ 峠
 
 taor タオル 高岸
 

★ヌタ 湿地、沼田
 
 nutap ヌタプ 川の湾曲部の平地


★ヒラ 尾根の側面、山の傾斜面

 pira ピラ 崖


★エキ・エゴ サク・サコ 凹状地形、谷に包括される地形

 ekimne エキムネ 山へ行く

 sa-kot サッ・コッ から沢


★キビレ 尾根の鞍部

 kipir キピリ 崖、丘

苅尾山 深入山 向山
恐羅漢スキー場
立岩山越に瀬戸内海が 十方山から

登路(青線は磁北線 薄茶は900m超 茶は1000m超)