山歩き 2009/3/28
悪谷・生山峠
2012/9/29
法華山
2014/6/15
コ谷・生山峠

ヒナタゴヤ峠…オオカミジョウ…羅漢山…仏岩 2006/6/4
ヒナタゴヤ峠…キツネジョウ…タヌキジョウ…オオカミジョウ…羅漢山…小羅漢山…スキー場…仏岩…ヘカ岩…ヒタタゴヤ峠

■羅漢山(ラカンザン)1109.1m:山口県玖珂郡錦町大字大原字羅漢山

寂地林道の滝
キツネジョウ
キツネジョウの仏像
タヌキジョウ
オオカミジョウ
羅漢山 オオカミジョウから
凹んだ岩 オオカミジョウ
ササが覆う羅漢山への急登
羅漢山
山頂レーダ
ロッジ 不知火杉から
羅漢山 小羅漢山から
法華山
仏岩(ぢねん石ノらかん)
仏岩の仏像
ヘカ岩
5:30 ヒナタゴヤ峠出発 晴れ 気温15度

6:25 オオカミジョウ
7:15 羅漢山
7:45 小羅漢山
8:20 スキー場
8:45 仏岩
9:00 ヘカ岩
9:40 登山道分岐
10:40 ヒナタゴヤ 

ヒナタゴヤ峠

 ヒナタゴヤ峠を出発、準備をしていると薮蚊が寄ってくる。峠に「根木の骨 2km」の標識がある。変わった地名だが、「ネキノコツ」と読む。峠からスギ林を上がるとマツ林になる。尾根に沿って土塁がある。

 10分ほどで風化した茶色の蛇紋岩の岩場に出る。キツネジョウと言う。石を切り出したのだろうか、穴を開けて割った跡が残っていた。岩の上に上がって見ると仏像を寝かしてある。展望はあるが霞んではっきりしない。

 西側の林の先にも岩場があり、タヌキジョウと言う。
「ジョウという語は耳なれないが、この方言は西中国一帯でかなり広範囲に用いられており、東条操編『全国方言辞典』にも島根県鹿足郡地方の方言として採録されている。ジョウは『動物などの住んでいる洞穴』の意とある。オオカミジョウは狼の住んでいる洞穴のある岩ということになる」(「西中国山地」桑原良敏)。

岩を切り出した跡 キツネジョウ

 タヌキジョウを過ぎると、道がはっきりしてくる。マツ林のなかにりっぱな登山道があったようだが、枝や倒木が多く、歩かれていないようだ。カンメノウ谷から上がっている道の分岐を過ぎると、道標があり、道がいくらか整備されたようだ。40分ほどでオオカミジョウに到着。仏像の上に「おとこ岩」のプレートが掛かっている。キツネジョウと同じ蛇紋岩で、こちらは風化が進んでいるようで、表面がかなり凹んで、端が尖っている。オオカミジョウから羅漢山のドームが見える。

羅漢山

 オオカミジョウから少し進むと分岐があり、左に「ハイランド・本郷」に出る小道がある。羅漢山への急な登りになると、道はササが覆うようになる。前方にドームが見えるとすぐに山頂。ドームに「羅漢山レーダ雨量観測所」のプレートがある。ドームの西に生山峠への分岐道がある。ヒナタゴヤの峠から2時間弱で山頂。

 羅漢山は三等三角点で点名も同じ、選点は明治26年、所在地は山口県玖珂郡錦町大字大原字羅漢山。山頂の説明板に「車前子峠山」とある。「オハコタオヤマ」と読むようだ。

 羅漢山から西へ下ると「憩いの広場」への分岐がある。さらに下ると「不知火の杉」がある。杉の横の岩の上に上がると、眼下にロッジが見える。羅漢山から30分ほどで小羅漢山。展望所に上がると、羅漢山にガスがかかっていた。戻って西へ進み、30分ほどでスキー場に出た。スキー場の先の法華山を横に見ながら車道を上がった。牧場の柵に沿って登り、テニスコートまで上がると「仏岩 徒歩2分」の道標がある。

 ヒノキ林の中に大岩が二つあり、東側の岩が横に突き出ている方を仏岩と呼ぶようだ。岩に仏像が彫られているが、そんなに古いものではないと思われる。

 そこから東へ進むと「八畳の間」がある。元は岩が庇状にあり、その下に八畳ほどの広さがあったので、その名になっているが、庇が落下し、現在八畳の間はない。そこは「ヘカ石」と呼ばれている。

 東へ道が続いていたので進んでみた。この道は冠山南面を横切って、ササガ谷を渡り、ヘカ岩から40分ほどで、オオカミジョウ手前の「ハイランド・本郷」のプレートのところへ出た。そこから通ってきた道を帰り、1時間ほどでヒナタゴヤへ帰着した。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


カシミールデータ

総沿面距離8.1km
標高差349m

区間沿面距離
ヒナタゴヤ峠
↓ 1.2km
オオカミジョウ
↓ 1.1km
羅漢山
↓ 3.5km
仏岩
↓ 2.3km
ヒナタゴヤ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地名考

●オオカミジョウ、タヌキジョウ、キツネジョウ

 オオカミジョウは、
「『防長地下上申』に狼城山、『防長風土注進案』には狼岩山の名が見える(「西中国山地」)とある。

 オオカミジョウはアイヌ語で 
 wose-kamuy-so
 ウォーセ・カムイ・ショウ
 狼・神の・岩崖

 比尻山(聖山)の東に狼岩山がある。

 タヌキジョウ
 「タヌクラン」はアイヌ語で tanukuran と表わし、「今夜」という意味がある。「タヌクラン」はアイヌ神謠集、「狐が自ら歌った謡『トワトワト』」「梟の神の自ら歌った謡『銀の滴降る降るまわりに』」などに出てくる。
 「日も暮れましたから,今宵は大神様を」の「今宵」が「tanukuran」のことである。

 tanukuran-so タヌクラン・ショウ→
  タヌク・ジョウ→タヌキ・ジョウ (今夜・岩崖)

 あるいは、以下の意も考えられる。

 タヌキジョウ
 tu-nup-ki-us-so
 ト・ヌプ・キ・ウシ・ショウ
 峯・野の・茅・群生する・岩崖

 tu-nupki-us-so
 ト・ヌプキ・ウシ・ショウ
 峯の・オギ・群生する・岩崖

 茅やオギの群生する岩崖であったか。

 キツネジョウについては
 室蘭市のホームページに「トッカリショの伝説」がある。 

『港口から離れた奇岩絶壁の東端であるトッカリショ。アイヌは、この地に月明りの夜にまつわる神話を語り伝えています。 レプウンモシリ(アイヌの楽園)に、まだ和人の移り住まぬ大昔のことでした。そのころも、月はこの美しい海岸に微笑んでいましたが、ニツネカムイ(魔の神)は、これがうらやましくてなりませんでした。自分も一度でよいから、月のように夜の天を支配してみたい…と、その機会を待っていました…』という伝説がある。

 キツネジョウはニツネカムイのことと思われる。ジョウは so ショウ で「岩崖」の意がある。

 nitune-kamuy-so ニツネ・カムイ・ショウ→
  ニツネ・ショウ→キツネ・ジョウ (ニツネ・神・岩崖)

 あるいは、以下の意もある。
 kutu-ne-so
 クツ・ネ・ショウ
 崖・になっている・岩崖

●ぢねん石ノらかん 仏岩とヘカ岩

 奇岩や大岩にいろいろな名称が付けられている。恐羅漢山南のヨビヤ峠にある「呼び岩」は『松落葉集』(1768年)に詠まれ、よく反響することから「ヨビイワ」と言われている。

 一昨年、岩の前で試してみたが、思ったほど反響しなかった。アイヌ語で yopi-iwa ヨピ・イワ と表わし、「分れ・岩」の意がある。左右に分かれているヨビイワはアイヌが命名したと思われる。
 
 黒ダキ山に仏岩がある。

 羅漢山の仏岩は、

 po-tok-e-us-iwa
 ポ・トク・エ・ウシ・イワ
 子の・突起が・そこに・群在する・岩

 仏岩の古名は「ぢねん石ノらかん」と呼ぶ。

 chin-e-us-no-ru-an-kamuy
 チネ・ウシ・ノ・ル・アン・カムイ
 脚・そこに・群在する・尊い・足跡・ある・神(岩)

 chin-e-us-i-ne-rakan
 チネ・ウシ・イ・ネ・ラカン
 脚・そこに・群在する・もの・である・ウグイの産卵穴(状岩)


 「ヘカ岩」は「八畳の間」と言われているが、庇状の岩であったが崩れてしまった。「ヘカ石」とも呼ぶ。

 he-ka-us-iwa
 ヘ・カ・ウシ・イワ
 頭・の上・にある・岩

 八畳の間(ヘカ岩別名)
 has-o-num-oma-i
 ハシ・オ・ヌム・オマ・イ
 潅木・多い・果実・ある・所


●羅漢山(ラカンザン)

 「羅漢山の山名の初見は『国郡志御用ニ付郡辻書出帳』佐伯郡(1805年)であるが『佐伯郡廿ケ村郷邑記』(1806年)にも記されている」(「西中国山地」)。

 羅漢山の古名、車前子ケ峠山 オハコガタオヤマ 

 oha-kotan-kes-taor
 オハ・コタン・ケシ・タオル
 空の・村・端の・高岸

 羅漢山は仏岩の古名「ぢねん石ノらかん」に由来がある。

 rakan-sam
 ラカン・サム
 ラカン岩・の傍


●ヒナヤゴヤと中道川

 ヒナタゴヤ峠
 pipai-nutap-ko-yan-pet-taor
 ピパイ・ヌタプ・コ・ヤン・ペッ・タオル
 カラスガイいる・川曲がりの地・に向かって・上がる・川の・峠

 中道川
 nuptap-kamuy-sir-pet
 ヌタプ・カムイ・シリ・ペッ
 川曲がり地の・神・山・川

 ヒナタゴヤ峠+中道川
 pipai-nutap-kamuy-sir-pet
 ピパイ・ヌタプ・カムイ・シリ・ペッ
 カラスガイいる・川曲がりの地の・神・山・川(中道川)

 カワシンジュガイがかつて小瀬川に生息していた(「小瀬川水系の流域及び河川の概要2007年」)。
 中道川は小瀬川の支流である。

 ヒナタゴヤは山口県側の地名であるが、峠名は峠の反対側の地名を表す場合が多い。ヒナタゴヤとは峠の北側の地名と思われる。



●根木ノ骨 ネキノコツ
 net-un-ki-nay-kot
 ネッ・ウン・キ・ナイ・コッ
 寄木・ある・茅・川・跡

 根木ノ骨防谷 フセダニ
 net-un-ki-nay-kot-us-set-nay
 ネッ・ウン・キ・ナイ・コッ・ウシ・セッ・ナイ
 寄木・ある・茅・川・跡・にある・鳥巣・川

 流木の多い所であったか。

 

仏岩(ぢねん石ノらかん)
羅漢山 大将陣山から 2005/12/11
登路(青線は磁北線 青は900m超 ピンクは1000m超)