山歩き

小板…深入山…トンガリ山…サトリキ峠 2006/4/16
小板…八畳岩…深入山…トンガリ山…掘割峠…971P…登尾山三角点(971.7P)…サトリキ峠…小板

■深入山(シンニュウザン)1153.0m:広島県山県郡戸河内町字松原

トンガリ山
ササ原の登る
苅尾山 登山道から
角礫の散乱
深入山
八畳岩
つつじ群生地
展望小屋附近
展望小屋
展望小屋下のブナ
山頂直下の角礫
深入山
最早山と向山 下はロッジ
ミズナシ川とサバノ頭
向真入山
聖湖
トンガリ山
深入山東面のブナ

東面から見た深入山

オシロイ谷水源
オシロイ谷水源
草原の境は土塁
トンガリ山
深入山
深入山 トンガリ山山頂から
苅尾山と掛津山 トンガリ山から
大箒山
掘割峠
二本ブナ
深入山とトンガリ山
4mブナ
小板の牧草地
トンガリ山 小板から
小板
7:50小板出発 晴れ 気温5度

9:00 八畳岩
9:20 深入山
10:15 トンガリ山
11:00 掘割峠
11:30 971ピーク
12:10 登尾山三角点(971.7ピーク)
13:35 林道
14:00 サトリキ峠
14:20 小板
 

 車道へ降りている林道を上がった。林道はイデガ谷左岸を通っているが、茂っていて使われていない。正面にトンガリ山が見える。林道にはまだ雪が残っている。林道と分かれ、イデガ谷から右側の小谷を上がった。チラホラとブナがあるが、伐採された山である。谷から尾根に上がった。雪はないが、ササはまだ倒れたままだった。1時間ほどで登山道に出た。聖湖が見えるが、苅尾山は雲が懸かっている。登山道を少し登ると、角礫の道となる。正面に深入山がある。ほどなく八畳岩に到着。

 八畳岩の少し下から山頂へ続く登山道の角礫は、周氷河地形を表すものだという。
「深入山山頂部より、周氷河地形と考えられる、構造土・ブロックストームが、1965年に下村彦一氏らによって発見され報告された」

「周氷河地形を特徴づける基本的作用は、地中の水の凍結と融解である。岩石は孔隙中の水の凍結によって破砕され、岩塊が地表を覆う岩石原となり、それらの岩片が凍結融解の繰り返しや滑落集合によって、構造上、石畳、アースハンモックなどの形をしている」

「深入山山頂の1100mに平坦面があり、それにより山頂1153.0mまでドーム状になっている。このドーム状の部分に角礫乱層があり表面は黒ボクで覆われて草原になっているが、西の八畳岩へ向かって下る所に露出部があり角礫が散乱している」(「西中国山地」桑原良敏)。

 八畳岩から少し登ると「つつじ群生探勝路」の立札がある。「西中国山地国定公園」の看板の先に展望小屋がある。この辺りから草地は黒く焦げて、山焼きの跡が残っている。黒い草地の下にブナ林があり、降りてみた。形の良いブナが集まっている。芽が大きく膨らんでいて、いっせいに葉が出てくるだろう。登山道へ戻った。眺めは霞んで見通しがない。大岩を過ぎると山頂。小板から1時間半ほどだった。

 深入山の三角点の点名は「新入山」で三等三角点、選点は明治28年。

 すぐ間近の正面に向山と最早山、大箒山は霞んでいる。ミズナシ川の先のサバノ頭、向真入、聖湖の先は霞んではっきりしない。トンガリ山の先の苅尾山は雲がかかっている。風が強く寒い。早々に東側に見えるブナ林へ下った。オシロイ谷水源のブナ林へ降りた。株立ちのブナが多いようだ。一番大きい株立ちのブナは周囲4.6m。ブナがあるところを下り、オシロイ谷水源を上がった。苔むしたオオブナの根元で顔を洗い水を飲んだ。コーヒーで一服とした。

 ササの上にウサギの糞が転がっている。トンガリ山へ進むと草原の境が土塁になって、その上に古い柵の跡が残っている。小板の牧場の柵だったと思われる。トンガリ山への尾根はブッシュで覆われている。深入山山頂を見ると、多くの人が山頂に立っていた。トンガリ山の山頂もブッシュだが、多少の展望がある。苅尾山に懸かっていた雲はもうない。アセビが少し花を開いていた。

 尖山(トンガリヤマ)は北海道に多い山名である。ポンヌプリと言い、小山を意味している。
 アイヌ語で tuk-kari と表し、「神の小山の回り」の意がある。山の形からトンガリと呼ばれていると思っていたが、古く遡る神聖な山名のようだ。小板に居たアイヌ系狩猟民は tuk-kari と呼んでいたと思われる。

「深入山の北、1105m独標峯を小板ではトンガリ山と呼んでいる。即物的な名称であるが、小板より眺めると円錐形の形のよい山に見え、深入山より高く見える」(西中国山地)。

 ブッシュの尾根を戻った。ホイッスルを鳴らすと、同じような音が返ってくる。物まねの上手な鳥がいる。トンガリ山東のブドウ谷水源は若いブナが多い。ロープを巻かれた3mブナがあった。尾根の東側は雪が大分残っている。堀越峠へ、山焼きされた草地を下った。オシロイ谷水源にブナが線のように降りている。正面の大箒山が大きく見える。オシロイ谷に沿う踏み跡を下ると車道に出た。「クマ出没注意」の看板がある。車道を少し上がると掘割峠。車道は小板へ出る道。オシロイ谷から小板へ抜ける山径があったようだ。

 急な尾根を登った。振り返ると林間に深入山がある。30分ほどで971ピーク。タムシバが咲いている。形の良いブナもあった。ピークから鞍部へ下ると途中はアカマツ林。鞍部手前のヒノキ林に入るところに、背の高い二本のブナが並んでいた。ヒノキ林を登り、971ピークから40分ほどで971.1ピークの四等三角点。点名は登尾山で、所在地が戸河内町字佐登梨木となっている。

 登尾から先の東の斜面はブナが多い。斜面でブナを計測し、西側の尾根を下った。この尾根から南を見ると、トンガリ山が深入山と同じくらい大きく見える。ブナの締めくくりは、痛んでいたが4mだった。深入山周辺に劣らず、北側の尾根筋もブナが多いことが分かった。展望地に出ると苅尾山が一際大きく見える。その右に掛津山。

 正面に小板の牧草地が見えると、尾根は急な下りとなる。下に見えた林道へ降りた。広島県営林の看板があり、「重之尾事業区」とあった。林道は橋山川の水源が上がっており、谷にはけっこうブナがある。20分ほどでサトリキ峠に出た。
 サトリキ峠附近に工事で地層が露出しており、それを見ると、岩が無く、土が堆積したような地層になっている。この辺りは池か沼だったのかもしれない。サトリキ峠から20分ほどで小板に帰着した。

 車を止めたところで80過ぎのお婆さんが薪を集めていた。耳が遠く会話にはならなかたが、トンガリ山は昔からそう呼んでいるという。「わたしも昔はよう山に登った」と言っておられた。

サトリキ峠附近の地層


====================================

カシミールデータ
総沿面距離9.5km
標高差390m

区間沿面距離
小板
↓ 2.2km
深入山
↓ 1.1km
トンガリ山
↓ 1.0km
掘割峠
↓ 1.2km
登尾山三角点
↓ 4.0km
小板


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 「戸河内町史」によると「享保拾年巳十月御改山県郡戸河内邑御山帖」(享保10年・1725)に以下の山名がある。

 小板ヶ原に 新入山、城山、栃谷山

 前記、戸河内村の「山帖」に入会野山と植生がある。
(享保12年・1727年)
 新入山 草山
 城山 草山・栗・浅木
 組ケ平 草山・栗・浅木
 栃谷山 草山

(文政2年・1829年)
 新入山 蕨山
 城山 草山・栗・浅木
 組ケ平 草山・栗・栂・浅木
 栃谷山 草山

 深入山周辺の鑪操業の状況は、

●佐々木家の鑪操業状況
 1699〜1705年 蔵座鑪
 1708〜1712年 蔵座鑪
 1752〜1755年 小板鑪
 1777〜1783年 甲繋鑪
 1840〜1850年 甲繋鑪

●香川家の鑪操業状況
 1750〜1752年 小板ヶ原 
 炭山所 小板ヶ原新入山・くみヶ原・城山・栃谷山

 「加計町史」によれば、餅の木鑪は寛政6年(1794〜1798)、文化2年(1805〜1810)に操業しているが、山林として 小板城山・新入山・くみけ平山がある。

 鑪操業の炭山として小板ヶ原に「新入山」の山名がみられるが、これは深入山のことと思われる。1727年には新入山は草山となっているので、それ以前から炭山として伐採されていたようだ。1500年代の終わりには石見の砂鉄を山県郡側へ運び込んでいるので、新入山の炭山としての歴史は古いのかもしれない。

「明治二十一年、参謀本部陸軍測量部発行の輯修二十万分の一『広島』に、深入山の山名があるのが初見である」(「西中国山地」)。

 明治になって突然「深入山」の名称が使用されるが、「シンニュウ」と呼ばれた歴史は1700年以前に遡ると思われる。

 深入山(シンニュウ)はアイヌ語で シリ・ニニウsir-niniu と表わし、「あたり一面・木が群生する所」の意がある。
 深入山は鑪操業や採草地として伐採される前は、木がくっつき合うほどの鬱蒼とした樹林だったようだ。いまでも、シンニュウ谷、オシロイ谷などブナが残っているところがあり、昔の名残りなのだろう。

「蔵座より南流して三段峡へ入る川を、ミズナシ川と言う。本流との出合付近が伏流となっている事が多いので、この名がつけられたのだろう。水無が正しいと思われるが、何故か水梨川という字が使われている」

「松原へ流れているムギ谷は、麦谷と書かれている。これは谷の入口の五六(ゴロク)にあった鈩の名称と同じであるが、無木谷が正しいと松原の古老は強調した。鈩で使用する木炭を供給するため皆伐されたので、村人がこう呼んだのだという。またこの老人から三段峡へ落ちているミズナシ川は、水梨と書くのは誤りで水無川と記録しておくよう要望された」(「西中国山地」)。

 深入山北の四等三角点、登尾山(971峯)の所在地は戸河内町字佐登梨木となっている。「佐登梨木」の読みは分からないが、「梨木」は「無木」と思われる。

 「西中国山地」にある「ナシ」を含む地名をアイヌ語で表してみた。

●打梨(ウツナシ 戸河内、那須集落の入口)
 打梨は移原(ウツノバラ)、雲耕(ウズノウ)と同じ呼び名だったと思われる。雲耕の古名はウツノウ原である。
 原形はアイヌ語の ut-nay-par(枝・川・入口)で、「本流に支流が枝のように集まっている所」を意味している。
 戸河内の打梨は太田川に那須川、坂根川、クロブチ谷が合流する地点にある。
 ウツナイ→ウツナシ→打無→打梨へと変化したと思われる。ウツナイ・ウチナイは北海道に多い地名である。

●色梨谷(イロナシ 湯来冠北)
 北海道後志地方(シリベシ)に色内(イロナイ)がある。アイヌ語で i-ru-o-nay(イ・ル・オ・ナイ)と表し、「熊の足跡がある沢」の意がある。北海道にイルオナイ川がある。

 イルオナイ→イロナイ→イロナシ→色無→色梨

の転訛。
 イロナシ谷を登り詰めた峠を熊押峠と呼び、クマの押し罠か落とし穴があった所と思われる。色内の地名は青森にもある。

 イロナシ谷から熊押峠を超えてオリオ谷(折尾谷)へ下ると色梨橋がある。オリオ谷側になぜ色梨橋があるのか不思議に思っていたが、オリオ谷もイルオナイと呼ばれていたのではないだろうか。
 
 イルオナイ→イルオ→オリオ

と転訛したのではないか。色梨谷もオリオ谷も熊の通り道だったのだろう。色梨橋はイルオナイ・ルイカと呼んでいたと思われる。

●シリナシ(一兵衛山の東の沢)
 尻無は北海道から鹿児島まであるが、北海道・東北に多い。アイヌ語で o-put-sak-nay(オプヤックナイ)と表し、「河口の無い川」の意で使われている。

 シリナシはアイヌ語でシリナイ sir-nay 「山の沢」の意となる。

●エナシ谷(吉和の千両山の南)
 比婆郡に毛無山が4座あるが、福田頭(毛無山)の東に家無山(エナシヤマ)がある。これは毛無山の転訛と思われる。大暮の毛無山が全国の毛無山の最も西南に位置しているが、毛無山はブナ帯に照応しており、大暮より西にもっと大きなブナ帯があるのに、「毛無」を含む地名が何故かない。
 エナシ谷は毛無谷の転訛が考えられる。「ブナの鬱蒼とした谷」の意となる。

 北海道にカモエナイがある。カムイ・ナイが変化した地名で熊の沢の意がある。
 カムイ・ナイ→カモエナイ→エナイ→エナシの転訛も考えられる。

 pe-nay ペ・ナイ 水・川 の意もすてがたい。

●クチナシ(弟見山の東の谷)
 アカネ科のクチナシと関係ないのであれば、岩手県に口内(クチナイ)があり、kut-nay と表わし、「岩崖の沢」の意がある。

 もう一つの選択肢に「クッチャ・ナイ」で、「猟のための山小屋がある沢」の意がある。北海道にある地名だ。
「山麓の村では、兄と弟が猟に出て迷い二つの峯から声をかけあって相手を探したとか言う伝承がある」(「西中国山地」)。
 

水梨林道入口のミズナシ川

 「無」「梨」「ナシ」と表して「無い」の意で使われているとは限らない。むしろ後から「無い」の意を当てはめることが多いようだ。

 北海道に多い水無川はアイヌ語で ワカサカナイ wakka-sak-nay(水・無い・川)と表す。伏流水になっている川のことだ。

 ミズナシをアイヌ語に当てはめると
 ムン・ツム・ナイ mun-tum-nay と表わし、「草むらの沢」の意となる。

 
 三段峡の葭ヶ原は峡内で一番広い川原で砂礫も多く堆積している。その葭ヶ原の下流に水梨川が流れ込んでいる。
 葭ヶ原はアイヌ語で io-si-ka-para と表わし、「獲物がとても多い上手の広場」の意となる。葭ヶ原は横川と餅ノ木から落ちる谷が合流し、下流には水梨川が落ち、南のサバノ頭からヌケ谷が落ちて、谷の交差点のようなところに位置している。そのため獲物の通り道にもなっているようだ。
 葭ヶ原は三段峡で唯一、水梨川を通って車が入れる平坦な地になっている。

 地形から見ると、yospe-ka-para ヨシケ・カ・パラ 「腸の・上手の・広場」の意もある。

 「ミズナシ」は「西中国山地」では、大将陣山西・白旗山南・安蔵寺山北・広見山北・苅尾山西・阿佐山西・虫木峠南にある。

 ムギ谷、麦谷、無木谷はアイヌ語で mu-ke(塞がった所)と表わし、尾根で囲まれた谷になっている。
 おそらく水無も無木谷も、元の意味とは関係なく、後から当てられた文字と思われる。

 

地名考

●オシロイ谷(深入山東の谷)は白粉のことかと思ったが、北海道に尾白内(オシロナイ)、尾白利加(オシラリカ)がある。
 オシロイナイはアイヌ語で o-sirar-nay(オ・シラル・ナイ)と読み、「川口が岩盤の川」の意がある。
 オシロイナイ→オシロイ の転訛と思われる。

 オシロイ谷落口付近に二十九人碑がある。

「1730年代には、蔵座周辺に鈩場が五ヶ所あった。桃木畠には、大鍛治があり、その山内労務者の下小屋がここに二十五戸あった。1745年(延享二年)1月18日に、四メートル近く積もった大雪のため雪崩が発生して、下小屋五戸、男女二十九名が圧死するという惨事が起きた。それより二十年後の明和二年に、鈩、大鍛治の経営者であった加計の佐々木八右衛門正封が碑を建てた」(「西中国山地」)。
 

オシロイ谷川口付近
二十九人碑

●最早(モヤイ)山の東にトイガ谷がある。北海道に登位加川(トイカ)、問寒別(トイカンベツ)がある。
 アイヌ語で toi-kam-pet toi-kan-pet と表し
前者は「土が被る川」、後者が「畑のある川」の意がある。
 トイガ谷附近の人に聞いてみると、「樋のような細い谷で昔から畑がある」と言う。トイガ谷は車道のため寸断された。トイガ谷を横切る山道は戸河内から松原へ抜ける往還道だった。

トイガ谷と往還道跡

●最早(モヤイ)山の東のバア堀は昔、サルサガ池と呼ばれていた。東北に猿沢の地名が多い。
 サルサワはアイヌ語で sar-sa-wa と表し、「湿原の砂浜の岸辺」の意がある。

 サルサワ→サルサガ の転訛と思われる。

「ワル谷本谷と支谷のマツオ谷にはさまれた尾根にある湿地をバア堀という。昔は水が多く池沼となっておりサルサガ池とも呼んでいた。バア堀の名は広くしられていて、柴木、板ヶ谷、松原でも聞いた」(「西中国山地」)。

 「西中国山地」には猿山越、サルキ峠、サルクイ峠など、「猿」「サル」を含む地名が多いが、ほとんどアイヌ語の湿地を意味していると思われる。

 バア堀の近くで炭焼きをしていたというトイガ谷の人は、「池があり、ミズバショウに似たオモトのような白い花が咲いていた」と。

●五六(ゴロク)と言う珍しい地名が松原の西にある。五六(愛知県)、五六の沢川(北海道)、五六川(岐阜県)でいずれもゴロクと読む。北海道の「五六の沢」は羊蹄山のスキー場にあり、沢の底は「石や岩がゴロゴロ」している所のようだ。
 アイヌ語で ko-rok と表し、「所・(岩が)ゴロゴロとある」の意がある。

 五六集落は岩が多い所と思われる。「ゴーロ・ゴロウ・ゴウラは石原、石がゴロゴロしている所」(「西中国山地」)だが、語源はアイヌ語の ko-rok かもしれない。

 五六集落でドウホウ谷右岸に住む75歳のお年寄りに伺った。ドウホウ谷入口の水田は大正期に親父がつくったもので以前は野原だった。水田の石垣は野原を掘った時に出た石で組んだ。ドウホウ谷から大きな石がたくさん出て、その石で松原の光明寺の石垣を作った。

 yoko-ru-kus-i
 ヨコ・ル・クシ・イ
 獲物を狙う・道が・通る・所 の意もある。

五六集落 ドウホウ谷入口


●坊主山(ボウズヤマ 吉和)
 吉和のエナシ谷の南に坊主山がある。坊主山も北海道に多い。坊主山は火山帯の周辺にあるようだ。坊主山はアイヌ語でヌプ・カウシ・ヌプリ nup-kaus-nupri と表し、「草原の上の山」の意がある。アイヌ系の狩猟民が吉和へやってきた時、冠山の噴火の影響が続いて、坊主山周辺は草原だったのかもしれない。 
 毛無山がないのは、冠火山のため、当時ブナの森がなかったと思われる。

●冠山(カンムリヤマ 吉和)と恐羅漢山
 アイヌ語でカムイ・ヌプリは kamui-nupuri と表し、「神の山」の意がある。
 冠山の初見は「加むり」(『吉和村御建野山腰林帳』1725年)だが、「カムイ・ヌプリ→カムリ」の転訛と思われる。冠山は山の形が冠に似ているから、後に冠山と呼ぶようになった。

 冠山西の山を後冠と呼んでいる。後冠は小山のような所で冠に例えるほどの山ではない。

 「『吉和村絵図』(江戸末期)には片仮名でカンムリとあり、その奥にウシロカムリの山名が見える」(「西中国山地」)とある。カンムリの後の山の意であれば「ウシロカンムリ」と表すのではないだろうか。

 ウシロカムリは冠山の後にある山の意でなく、元々、冠山のことを「ウシロカムリ」と呼んでいたと思われる。

 北海道に鵜城(ウシロ)、忍路(オショロ)、押琴(ヲショロ)と言う地名がある。ウシロ、オショロは「ふところ」という意味から転じて湾、尻の意味がある。
 ウシオ谷は オショロ→ウシロ→ウシオ の転訛と思われる。
 
 ウシロ・カムイ・ヌプリ→ウシロカムリ の転訛が考えられる。

 恐羅漢山はアイヌ語で、オソロ・ラカン・カムイ・ヌプリ(尻の窪地の神の山) osor-rakan-kamui-nupuri と表す。 

 オソロ・ラカン→オソラカン の転訛。

 ウシロカムリも osor-rakan-kamui-nupuri (尻の穴の神の山)と表す。osor-rakan は冠山の西側のホン谷水源の窪地のことと思われる。冠山は「ウシロ・ラカン(ウシロ・ラカン)・カムイ・ヌプリ」と呼ばれ、恐羅漢山と同じ山名だったようだ。

 北海道にはカムイが尻餅をついて出来た「オソロ・コツ」(尻餅跡)の伝説が各地にあって、尻の形に似た窪地にこの名がつけられいる。「osor〜」が枕詞になっている地名が多い。冠山南の羅漢山も osor-rakan-kamui-nupuri だったと思われる。

 北海道は「神威」「神居」「カムイヌプリ」の山名が数多くある。後期旧石器時代前半の30000年前、冠山の麓にやってきた縄文の先祖たちは、冠山安山岩を石器石材として利用し、四国など各地へ運んで行った。その時、彼らが見た冠山や恐羅漢山、羅漢山を神とみなして osor-rakan-kamui-nupuri と呼んでいたと思われる。

●茅帽子山(カヤボウシヤマ)
 北海道美唄市の市名の由来は、アイヌ語の「ピパオイ」(カラス貝の多い所)からきている。

 アイヌ語で pipa-oma-i pipa-oma-nai と表す。

 北海道の下方(ケボウ)、美馬牛(ビバウシ)もカラス貝が多いことから、ケポウ、ケパウ、ケバウ、ビバウシはカラス貝が多いことを表している。

 ケボウ、ビバウシは pipa-us-i と表す。

 ピパウシ→ケバウシ→ケボウシ→カヤボウシ

と転訛した。
(pがkに転じることはアイヌ語ではよくある)

 茅帽子山はカラス場山(『防長地下上申』1749年)とも言われていたが、カラス場のカラスはおそらくカラス貝のことだろう。茅帽子山南の「アベウシ」の地名はピパウシからきているのではないか。ウシロ川にはカラス貝が多く居たのだろう。

 茅帽子山は「カラス貝の多いウシロ川にある山」の意となる。茅帽子山は pipa-us-i-nupuri と呼ばれていた。茅帽子山は「茅の茂っている山」の意ではないようだ。

 比婆郡の烏帽子山もカラス貝が由来かもしれない。
 ピパウシ→エバウシ→エボウシ→エボシ
 烏帽子山は比和川が源流だが、pipa からの転訛と考えられる。そうすると比婆山もカラス貝が由来となる。

●十方山
 「西中国山地」には「ウシ」を含む川、谷の地名が多い。「ウシロ」が茅帽子、羅漢山、十方山、雲月山、「ウシオ」が冠山、高井山などがある。これは「オソロ・コツ」の代名詞である鵜城(ウシロ)、忍路(オショロ)から転じて、「湾曲した」の意があるのかもしれない。冠山のウシオ谷はウシロの転訛と考えられる。カムイ・ヌプリには「ウシロ」が付いている。そうすると十方山や茅帽子山も kamui-nupuri と呼ばれていたのではないだろうか。
 北海道にオショロコツ川、オショロベツ川がある。

 十方山は『芸備国郡志』(1663年)に「其山突兀」と言って、高く突き出た様を表わした。江戸の国学者、谷川士清は十方山を引用(『日本書紀通証』1762年)しているから、江戸でも知られた山だった。『松落葉集』(1768年)にも「天の最も高い所にいるような気がする」と詠われている。

 アイヌ系狩猟民は冠山や恐羅漢山を kamui nupuri と呼んでいたから、十方山周辺も狩場にしていたと思われる。おそらく細見谷、瀬戸谷、大谷川から十方山へ入り、周辺の山と比べて十方山の大きさを実感したことだろう。わたしもこの谷に何度か入ったが、奥が深く抜けるのに時間を要する。それだけ山容が大きいことを示している。

 北海道にポロヌプリ岳がある。
 ポロ・ヌプリは poro-nupuri と表わし、大きい山の意がある。
 シ・ポロ・ヌプリ si-poro-nupuri は本当に大きい山の意となる。
 十方山は si-poro-kamui-nupuri と呼ばれていたと思われる。
 ジ・ポロ→ジッポロ→ジッポウ
の転訛が考えられる。

 十方山は「本当に大きい山」の意で、結果として十方見渡せる山ともなった。
 

 

深入山 トンガリ山から
苅尾山 4mブナの先の展望地から
登路(青線は磁北線 青は900m超 ピンクは1000m超) 
青は900m超 ピンクは1000m超