山歩き

大谷川…ヒキジノオカ…十方山 2005/2/27
立岩ダム…大谷川…ヒキジノオカ…十方山…三ツ倉…瀬戸滝登山口…立岩ダム

■十方山(ジッポウザン)1318.9m:広島県吉和

大谷川

岩のトンネル イシノ小屋 左谷分岐から

尾根道
1013標高
ブナ
切石ノタキ

 ブナ林

 尾根道

稜線手前の急坂
十方山頂上と立岩山
旧羅漢山 恐羅漢山とスキー場

京ツカ山 五里山

立岩貯水池
十方山登山口
6:15出発 晴れ 気温2度

8:15左谷分岐
11:00 1013標高
13:35十方山
吉和方面
通行止め

 県道296号線に入ると、吉和方面は通行止め。6時を過ぎるとだんだん薄明るくなる。カンジキを履き、立岩ダムから県道を大谷川入口へ降りた。めがひらスキー場の明かりは雪で見えない。右岸の杉林の踏み跡へ入った。踏み跡がなくなると谷へ降り、左岸へ渡る。谷は1mを越える雪で埋まっている。ほどなく両岸が狭まり、水に入らないと渡れない。沢歩きなら簡単に渡れるところだが。右岸の崖をトラバースして進んだ。左岸へ渡り、もう一度右岸へ渡り、岩のトンネルを抜けると左谷分岐に到着。入口から800mほどのなんでもない谷だが、2時間ほどかかってしまった。

 左谷を渡り尾根に取り付く。急峻な岩が分岐まで迫っているので、右谷の少し先辺りから尾根へ取り付いたほうが楽なようだ。1時間ほど急な尾根を登ると、尾根道に出た。しかしそれも長く続かず樹林帯をかき分けながら進む。後ろを振り返ると林間から立岩山が見えた。雪の上に出た青テープの目印が残っていた。ヒノキの植林帯を進む。左側は展望はないが、右に切石ノタキが林の間からまじかに見える。幾度か急坂を越えて1013標高に到着。1013標高を過ぎると、ブナが現れ始め、ブナの若木が樹林帯を形成している。樹林帯は1200m付近まで数百メートル続く。数十年もすれば、藤十郎のようなブナの森林になるだろう。急坂を四つん這いになって登った。ブナの樹林から真っ白な山頂方向が開けてくる。

アセビ

 最後のブナ帯を抜けると見通しの利く大展望が現れた。高度1200m付近。左に女鹿平山と冠山、手前に黒ダキ山とその稜線。登ってきた林の上に立岩山、その左右に市間山と日の平山。右にナガオノオカ、奥三ツ倉から十方山へ延びる稜線。ほどなく稜線手前の急坂に差し掛かった。登りきると稜線の右先に頂上がある。稜線に出ると西からの風が強い。そのままケルンの手前まで直進した。黒いケルンは雪を被って真っ白になっていた。そこから頂上の標柱を目指して進んだ。尾根上を進もうとするが、どうしても右寄りになる。尾根上にある道を歩くのは難しい。数回、雪の穴に落ちた。大谷川入口から6時間余りで山頂に到着した。気温はマイナス4度。今日はどの方向も展望が良い。内黒峠への稜線の左に深入山が白く輝いていた。

稜線のケルン

「大谷川(オオダニゴウ)は十方山と奥三つ倉の鞍部の論所より、立岩貯水池へ流れている急峻な谷である。しかし渓には滝と呼ばれるほどのものもなく、危険な箇所もないので十方山の登降路として十分使える。入口より左谷との出会にあるイシの小屋まで、よく踏まれた小径がある。この小径は、ヒキジのオカの植林地へ登っているが、尾根の上部でのヤブこぎを厭わなければ、十方山南西尾根の積石(ケルン)の所に出る」(「西中国山地」桑原良敏)。

16:10三ツ倉
17:45瀬戸滝登山口
18:40立岩ダム

昭和59年遭難碑

 写真を撮りながら十方山南西の稜線を下った。稜線からは恐羅漢山とスキー場、焼杉山と広見山、京ツカ山と五里山が見える。スキー場の人の動きまで見えそうだ。ケルンを過ぎた所に昭和59年の遭難碑が頭を出していた。積雪は少しずつ減っているようだ。それでも遭難碑は背丈を越える高さだから雪は相当な量だろう。稜線を降りて、瀬戸滝登山口へ向かう登山道を下った。気温の上昇とともに雪が重たくなっている。足に錘をつけて歩いているような感じだ。カンジキに雪の塊が着いて離れない。真直ぐ南へ下ると尾根は左右に分かれる。左の尾根を下ると、大谷川入口まで尾根が続いている。頂上から2時間ほどで三ツ倉。三ツ倉の遭難碑までの登りがきつかった。昭和10年の遭難碑も雪で埋まっていた。

昭和10年遭難碑と十方山


十方山・瀬戸滝
分岐
スギの雄花

 尾根道から水場へ続くカラ谷へ入ると踏み跡が残っていた。三ツ倉から1時間半で登山口到着。県道に雪は10cmほど。県道をダムへ向かった。スギの雄花が赤茶色に膨らんでいる。もうすぐ弾けるだろう。貯水池の氷は岸に少し残っているだけになっている。水温が上がっているのだろう。朝には見えなかっためがひらスキー場の明かりが輝いている。暗くなってヘッドランプを点けた。明かりに驚いたのか、貯水池で休んでいた水鳥が騒いでいる。大谷川を過ぎて戸河内と吉和の境に来ると、朝には除雪していなかった戸河内側はすでに除雪されていた。日曜日でも除雪車を動かしているようだ。押ヶ垰集落があるので生活道路の確保のためだろう。吉和側はいつも除雪していない。

左戸河内・右吉和 県道境界付近

立岩貯水池 県道から



カシミールデータ
総沿面距離12.4km
標高差816m

区間沿面距離
立岩ダム
↓ 0.8km
大谷川入口
↓ 0.8km
左谷分岐
↓ 1.1km
1013標高
↓ 1.4km
十方山
↓ 2.4km
三ツ倉
↓ 2.5km
瀬戸滝登山口
↓ 3.4km
立岩ダム

大谷川

立岩山 尾根道から
樹林帯の道

登山道のブナ

ブナ帯

山頂方向

女鹿平山と冠山

立岩山と市間山

十方山頂上方向 稜線手前から
深入山と苅尾山

焼杉山と広見山

冠山

水場
立岩貯水池とめがひらスキー場
大谷川
ブナ ヒキジノオカ
立岩山と日の平山
冠山と黒ダキ山
登路(黒線は緯線経線 間隔1分 WGS84 青線は磁北線)